行方不明の高校生、でも友達のところでしょ?本当にそうでしょうか?

中学生から高校生くらいになるとお父さんと口も利きたくないというお子さんがおおくなります。親がうるさいと簡単に家出をしてしまう娘さんも多く、親の方としても、もうほっておけ!どうせ友人の家にいるんだろう!と放任してしまう事も多いようです。

 

高校生ともなれば自分で危険なことの区別がつくだろう、と思っている保護者の方もいますが、危険な事とわかっていても、興味本位やお金欲しさに危険なことに手を出す娘さんも多いです。うちの子はそんな危ないことなどしないはず、というのは安易です。

 

原一探偵事務所でも多数の行方不明、行き先不明の案件について実績を持っています。あまりにも帰ってこないお子さんを心配してのことですが、お子さんを早急に見つけ出すには、家出をしてからすぐに捜索を開始することが大きなポイントとなるのです。高校生の娘さんですから、お友達の中に車を所有しているような方もいます。となると、行動範囲はかなり大きくなってしまうのです。何か起きる前に、警察に捜索願を出すことは当然ですが、もっと積極的に娘さんの捜索を行うことが、危険回避の方法となります。高校生のお子さんが行方不明というのはたとえ短い期間でも危ない事が多いのだという事を理解しておくべきです。

行方不明はスピードが命です!

家出

家出

家出

娘が行方不明